完全室内飼いの猫に避妊手術は必要?

ひのきは生後6か月で避妊手術をしました。

 

避妊しようかどうしようか悩みましたが、獣医さんの勧めやネットで書かれていた発情期のスプレーにビビって決断しました。

本当のところを言うとひのきの子供が見たかったんです。

でも、家にはひのきだけしかいてなかったですからね、当時は・・・

 

なので泣く泣くの決断でした(涙)

 

やっぱり飼っている猫の子供が欲しいという願いは諦めきれず家族会議の結果、秀吉とひまわりは避妊・去勢はしないでおこうと決めました。

秀吉もひまわりもボチボチ1年になるので既に発情期は来ています。

ですが、スプレー行為は一切ございません。

 

そもそもスプレーって自分のテリトリーの主張のためって書いてありましたが、完全室内猫に縄張りってあるんでしょうか?

ひのき、秀吉、ひまわりの3匹がわざわざスプレーで匂いをつける必要なんてないですからね。

たまに居場所のちょっとした小競り合いはありますが・・・

 

外猫の場合はテリトリーを荒らされることを嫌ってスプレーで主張する意味は分かりますが、室内猫にはそもそもテリトリーという概念がなさそうです。

今、考えるとひのきの子供が欲しかった私たちにとっては避妊手術は後悔です。

当時、もう少し知識があればひのきの子供を抱っこすることができたのになぁ~と思うとちょっと残念です・・・

 

猫によって違うのでしょうが、我が家の猫は発情してもスプレー行為はしません。

完全室内飼いで飼い猫の赤ちゃんを抱っこしたいと思っていて避妊手術に悩んでいる人の参考になればと思います。

最新情報をチェックしよう!